2024/04/10 Amazonプライム・ビデオ 追加されました。




Information
ファイル共有ソフト「Winny」の開発者が逮捕され、著作権法違反ほう助の罪に問われた裁判で無罪を勝ち取った一連の事件を、東出昌大主演、「ぜんぶ、ボクのせい」の松本優作監督のメガホンで映画化。
「Winny」ロケ地


SnapCrab_NoName_2023-3-5_21-25-14_No-00

画像引用:Winny : 作品情報 - 映画.com










ロケ地


目的地アイコン1


取材陣に囲まれた場所



SnapCrab_NoName_2023-3-5_21-22-6_No-00


目的地アイコン1


取材陣に囲まれた場所②



SnapCrab_NoName_2023-3-5_21-24-5_No-00







予告編

iconmonstr-youtube-3-48

「Winny」予告編




STORY




STORYを見る
2002年、データのやりとりが簡単にできるファイル共有ソフト「Winny」を開発した金子勇は、その試用版をインターネットの巨大掲示板「2ちゃんねる」に公開する。

公開後、瞬く間にシェアを伸ばすが、その裏では大量の映画やゲーム、音楽などが違法アップロードされ、次第に社会問題へ発展していく。

違法コピーした者たちが逮捕される中、開発者の金子も著作権法違反ほう助の容疑で2004年に逮捕されてしまう。

金子の弁護を引き受けることとなった弁護士・壇俊光は、金子と共に警察の逮捕の不当性を裁判で主張するが、第一審では有罪判決を下されてしまい……。







オフィシャルサイト


おすすめ




Winny(ウィニー)とは
Winny(ウィニー)とは、Peer to Peer技術を応用したファイル共有ソフトである。著作権を無視してコピーされたファイルの送受信などに悪用され、深刻な被害を引き起こしたほか、暴露ウイルスと呼ばれるコンピューターウイルスの媒介やそれに伴う個人情報や機密情報の流出、児童ポルノの流通、大量のデータ交換に伴うネットワークの混雑などの社会問題を引き起こした[1][2][3]。@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}ブロックチェーンとの関わりがあると主張している人がいる[独自研究?]がすでに普及していたP2P技術をWinnyが採用した程度の関わりしかない。











MsjDDfDkKV6icS51667597354_1667597394






 2024/04/10 

Winny
吉田羊
2023-10-04



 










amazon_7228












当ブログ記事を探す(Google検索)