2022/11/06 ロケ地と画像追加しました。 


Information
小説投稿サイト「エブリスタ」で話題を集めた携帯小説で、2014年には漫画化もされた人気作品「カラダ探し」を、橋本環奈の主演で映画化。無残に殺される日を何度も繰り返すことになる高校生たちの恐怖を描いた。
「カラダ探し」ロケ地

SnapCrab_NoName_2022-10-16_18-37-4_No-00
画像引用:カラダ探し : 作品情報 - 映画.com










ロケ地


目的地アイコン1


学校



SnapCrab_NoName_2022-10-16_18-30-3_No-00



 2022/11/06

SnapCrab_NoName_2022-11-6_19-26-25_No-00


ロケ地情報
「メインの学校撮影は、実際に学生が通っている新校舎と、ちょうどあまり使用されていない旧校舎がありまして、教室や廊下のシーンを撮影しました。新校舎の方でも、空いた時間帯や休みの日に美術室や図書室等をお借りしました。



目的地アイコン1


みんなで座って海を見ていた場所




SnapCrab_NoName_2022-11-6_19-59-25_No-00

iconmonstr-youtube-3-48

ローヤルラウンド CM






予告編

iconmonstr-youtube-3-48

「カラダ探し」予告編




STORY




STORYを見る
7月5日、女子高生の森崎明日香は、校内でいるはずのない幼い少女と出会い、「私のカラダ、探して」という不気味な言葉をかけられる。

不思議な出来事に違和感を覚えつつも、いつも通りの一日を終えようとしていた明日香。

しかし、午前0時を迎えた瞬間、気が付くと彼女は深夜の学校にいた。

そこには明日香の幼なじみで最近は疎遠になっていた高広と、普段は接点のないクラスメイト4人も一緒にいた。

困惑する6人の前に、全身が血で染まった少女「赤い人」が現れ、6人を次々と惨殺していく。

すると明日香は自室のベッドで目を覚まし、7月5日の朝に戻っていた。

その日から6人は同じ日を繰り返すことになり、そのループを抜け出す唯一の方法は、とある少女のバラバラにされたカラダをすべて見つけ出すことだった。






オフィシャルサイト


おすすめ











[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[新品/あす楽]カラダ探し (1-17巻 全巻) 全巻セット
価格:7480円(税込、送料別) (2022/10/16時点)

















MsjDDfDkKV6icS51667597354_1667597394















当ブログ記事を探す(Google検索)