2021/07/22 地図を更新しました。

Information

新鋭女性監督エリザ・ヒットマンが少女たちの勇敢な旅路を描き、第70回ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員グランプリ)受賞したドラマ。

「17歳の瞳に映る世界」ロケ地

SnapCrab_NoName_2021-6-20_21-51-41_No-00
画像引用--17歳の瞳に映る世界 : 作品情報 - 映画.com





ロケ地


IMG_1861

目的地アイコン1


ペンシルベニアからニューヨークへ



SnapCrab_NoName_2021-7-22_18-40-29_No-00


SnapCrab_NoName_2021-7-22_18-41-25_No-00


ロケ地情報
主人公オータムといとこのスカイラーが暮らすペンシルベニア・シャモーキンからニューヨークまでの道のりです。

本編では彼女たちが暮らす「ペンシルベニアのエレンズボロ」は架空の町です。

実際はペンシルベニア州ノーサンバーランド郡「シャモーキン」。

ルート検索では3時間くらいでニューヨークに到着します。(そんなに遠くないですね!)




目的地アイコン1


ペンシルベニアから2人の乗るバスが到着した場所






目的地アイコン1


ポスターの信号待ちをしている場所








目的地アイコン1


二人が行ったゲームセンター







予告編

数字付きのフィルムアイコン



「17歳の瞳に映る世界」予告編



STORY



STORYを見る

友達も少なく、目立たない17歳の高校生のオータムは、ある日妊娠していたことを知る。

彼女の住むペンシルベニアでは未成年者は両親の同意がなければ中絶手術を受けることができない。

同じスーパーでアルバイトをしている親友でもある従妹のスカイラーは、オータムの異変に気付き、金を工面して、ふたりで中絶に両親の同意が必要ないニューヨークに向かう。





オフィシャルサイト




おすすめ



iconmonstr-instagram-11-48






Sumally
女同士の友情と連帯と勇気を描いた、感動的な作品。

第70回ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員グランプリ)、サンダンス映画祭2020ネオリアリズム賞受賞 

観るべき映画ですね。

ちなみに・・・原題「NEVER RARELY SOMETIMES ALWAYS」は訳すと「常にまれに時々」に

なるんですかね

劇場公開日 2021年7月16日 











当ブログ記事を探す(Google検索)