Information

青森県・津軽を舞台に、メイドカフェで働く人見知りな津軽弁少女の奮闘と成長を描いた青春ドラマ。

「ウルトラミラクルラブストーリー」の横浜聡子監督が越谷オサムの同名小説を実写映画化し、「名前」の駒井蓮が主演を務めた。

「いとみち」ロケ地

SnapCrab_NoName_2021-6-20_1-35-23_No-00
画像引用--いとみち : 作品情報 - 映画.com







ロケ地


目的地アイコン1


津軽メイド珈琲店



SnapCrab_NoName_2021-6-20_1-28-46_No-00


SnapCrab_NoName_2021-6-20_1-29-16_No-00


目的地アイコン1


キャンプに来た海岸




SnapCrab_NoName_2021-6-20_1-29-39_No-00



目的地アイコン1


三味線ライブのチラシを配っていた場所








予告編

数字付きのフィルムアイコン



「いとみち」予告編



STORY



STORYを見る

弘前市の高校に通う16歳の相馬いと。

三味線を弾く時に爪にできる溝「糸道(いとみち)」を名前の由来に持つ彼女は、祖母と亡き母から引き継いだ津軽三味線が特技だが、強い津軽弁と人見知りのせいで本当の自分を誰にも見せられずにいた。

そんなある日、思い切って津軽メイド珈琲店でアルバイトを始めたことで、彼女の日常は大きく変わり始める。




オフィシャルサイト




おすすめ


情報
タイトルにもなっている“いとみち”とは、三味線を弾くときに爪にできる糸道(溝)のことです。






当ブログ記事を探す(Google検索)