Information

女優の浅香光代さん(本名・北岡昭子=きたおか・しょうこ)が13日午前1時47分、すい臓がんのため都内の病院で死去していたことが分かった。92歳だった。葬儀・告別式は近親者のみで行うという。

事務所兼自宅

M FUNNoName_2020-12-14_21-28-37_No-00
画像引用--浅香光代さん すい臓がんで死去…衣装総額「2億円」女剣劇スターの生き様 - Yahoo! JAPAN




お宅



目的地アイコン1


浅香光代さん 事務所兼自宅


M FUNNoName_2020-12-14_21-25-43_No-00






情報

〈浅香さんの自宅には6畳二間の衣装部屋がある。

そこにはさまざまな着物が、役柄などのメモがつけられて整理整頓されて積み上げられている。

小さな役柄の衣装でも手を抜くことはない。

役柄に合わせるために、わざとよれよれにするために水につけて足で踏みつけるという。

浅香さんが身に着ける主役用の着物は1枚100万円以上。

中には200万~300万円もの価値のあるものが含まれている。

衣装の総額は1億~2億円程度になる。

全ては芸のため。これが最後の女剣劇の花形女優、浅香光代の生きざまなのだ〉







出演作品


M FUNNoName_2020-12-14_21-47-17_No-00



情報
浅香光代は カヨ婆役で出演されました。




STORY



STORY

定年を迎えたサラリーマン、米倉一雄(大杉漣)は三年前に妻を病気で亡くし、長女の瞳は結婚し家を出た。
次女の優(大多月乃)は、就職活動で家に残っている。
ある日一雄は、鎌倉の実家の父・雄蔵を尋ねる。
海沿いの道をひとり散歩して亡き妻・日出子との思い出にふける。
ここは闘病中の妻を引き連れて訪れた思い出の場所だった。
青春時代、一雄はロングボードに夢中だった。
実家に戻って物置の中を探し回ると、ビンテージのロングボードが眠っていた。
昔のサーフマガジンをめくると、種子島の記事がある。
止まっていた時間が動き出した。
優の反対をよそに、日出子の位牌とロングボードを手に、単身種子島へと旅立つ一雄。念願の鉄浜海岸に立つが、運動不足の50過ぎの中年男がいきなりサーフィンなんてできるはずもない。

ローカルサーファーたちのメッカ、「ORlGlN」を訪れ、オーナーの銀二(勝野洋)やその仲間の憲太(小栗旬)たちにサーフィンの手ほどきをお願いするが・・・






おすすめ








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】ライフ オン ザ ロングボード [DVD]
価格:7400円(税込、送料別) (2020/12/14時点)