2020/12/30  挿入歌情報追加しました。更新箇所にジャンプ

 2021/02/03  ソフト発売日情報更新しました。更新箇所にジャンプ


Information

原作は、人気ドラマ「アンフェア」の原作「推理小説」を手掛けた作家・秦建日子による小説「And so this is Xmas」。 これまで「天体観測」「ドラゴン桜」など人気ドラマの脚本家としても活躍してきた彼女が、本作を執筆する上でインスパイアされたのはジョン・レノンの名曲「Happy Xmas(War Is Over))」。クリスマスイブの東京を舞台に、突如勃発した≪連続爆破テロ事件≫によってパニックに陥る日本、そして事件へと巻き込まれていく登場人物たちの様々な思惑が交錯する、ノンストップ・クライムサスペンスを描く

「サイレント・トーキョー」ロケ地


M FUNNoName_2020-10-4_9-24-22_No-00
画像引用--サイレント・トーキョー : 作品情報 - 映画.com





ロケ地




目的地アイコン1


クライマックスとなる渋谷スクランブル交差点




M FUNNoName_2020-10-4_9-27-53_No-00


M FUNNoName_2020-10-4_9-27-4_No-00


M FUNNoName_2020-10-4_9-35-14_No-00




ロケ地情報
渋谷のスクランブル交差点のシーンは

足利市五十部(よべ)町の競馬場跡地に今年、映像美術会社「ヌーヴェルヴァーグ」(東京都世田谷区)が、「渋谷スクランブル交差点」を再現したオープンセットで撮影されました。

市有地の同跡地一部に約1・5ヘクタールの巨大セットが造られています。


M FUNNoName_2020-10-4_9-17-57_No-00




数字付きのフィルムアイコン
渋谷スクランブル交差点オープンセット公開 足利b_simple_72_0S






目的地アイコン1


「第一事件現場・恵比寿」







M FUNNoName_2020-10-4_10-49-54_No-00






ロケ地情報
撮影では約10mの巨大なクリスマスツリーをはじめ、隅々までクリスマスの雰囲気に飾り付けら

れ、「
大森ベルポート」を恵比寿のファッションビルに見立てて実施されました。








予告編





数字付きのフィルムアイコン
「サイレント・トーキョー」予告編b_simple_72_0S





STORY



STORY

ストーリー クリスマスイブ。

一年に一度、世界中の誰もが幸せな気分に包まれる聖なる日。

恵比寿に爆弾を仕掛けたという電話がテレビ局にかかって来た。

半信半疑で中継に向かったテレビ局契約社員と買い物に来ていた主婦は、騒ぎのさなか爆破事件の犯人に仕立て上げられてしまう。

その様子を謎の男が静かに見つめていた――― そして、新たに犯行予告が動画サイトにアップされる。

次なる標的は渋谷・ハチ公前付近。

要求は「テレビ生放送での首相との対談」。

それが受け入れられない場合、18時に爆弾が爆発する。

事件を追う刑事たち、不可解な行動を取る若きIT起業家、その彼に興味を抱くふたりの女性、そして爆弾騒ぎに群がる野次馬……どこかで見ている犯人と、犯行を止めようと奔走する者、我関せずとお祭り気分な人たち。

それぞれの想いが、スクランブル交差点に煌めくイルミネーションの下で交錯する。

タイムリミットまであとわずか。

犯人はいったい? その目的は? そして街に閃光が走る。

そのとき人々が見るものは…… 運命の、クリスマスがやってくる―――







オフィシャルサイト






Sumally
12月が待ち遠しいです・・・(12月4日公開)









おすすめ








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サイレント・トーキョー 豪華版《豪華版》 【DVD】
価格:5617円(税込、送料無料) (2021/2/3時点)









  Spotify Awichによる映画『サイレント・トーキョー』挿入歌“Present”