Information

1974年にも映画化されたアガサ・クリスティの名作ミステリーをケネス・ブラナーの製作・監督・主演、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファーら豪華キャストの共演で新たに映画化

「オリエント急行殺人事件」ロケ地


M FUNNoName_2020-10-3_20-4-18_No-00
画像引用--オリエント急行殺人事件 : 作品情報 - 映画.com


目的地アイコン1






M FUNNoName_2020-10-3_20-5-8_No-00



ロケ地情報
イスタンブール鉄道博物館

トルコの鉄道に関連する実物資料や展示品が陳列されています。オリエント急行で使われていたものも見られています。




目的地アイコン1


駅の改札口






ロケ地情報
イスタンブール駅の改札口はロンドンのフリーメイソンズ・ホールで撮影されました。





目的地アイコン1


メアリ・デブナム(デイジー・リドリー)とエルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)が話していた場所




M FUNNoName_2020-10-3_20-53-21_No-00



数字付きのフィルムアイコン
「オリエント急行殺人事件」予告編b_simple_72_0S



。トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、富豪ラチェットが刺殺された。教授、執事、伯爵、伯爵夫人、秘書、家庭教師、宣教師、未亡人、セールスマン、メイド、医者、公爵夫人という目的地以外は共通点のない乗客たちと車掌をあわせた13人が、殺人事件の容疑者となってしまう。そして、この列車に乗り合わせていた世界一の探偵エルキュール・ポアロは、列車内という動く密室で起こった事件の解決に挑む。





Sumally
これまで幾度も映像化されてきたアガサ・クリスティーの傑作ミステリーを映画化ですね。

非常に上質な作品だと思います。


『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジョニー・デップ(ラチェット役)、『それでも恋するバルセロナ』のペネロペ・クルス(ピラール役)、『恋におちたシェイクスピア』のジュディ・デンチ(ドラゴミロフ公爵夫人役)、『スター・ウォーズ』新三部作のデイジー・リドリー(メアリ役)、『ヘアスプレー』のミシェル・ファイファー(ハバード役)、『永遠の門 ゴッホの見た未来』のウィレム・デフォー(ハードマン役)


犯人は分かっているけれど、ドキドキしました。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オリエント急行殺人事件 [ ジョニー・デップ ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/10/3時点)