Information
 劇団EXILEが総出演する映画「jam」が12月1日、全国で封切られました。青柳翔、町田啓太、鈴木伸之ら主要メンバーは東京・新宿バルト9で初日舞台挨拶。

サプライズで続編の製作が発表されました!!



M FUNNoName_2018-12-2_11-23-9_No-00



カチンコのアイコン素材4




M FUNNoName_2018-12-2_11-17-6_No-00



カチンコのアイコン素材4




M FUNNoName_2018-12-2_11-32-6_No-00


M FUNNoName_2018-12-2_11-32-28_No-00



カチンコのアイコン素材4




M FUNNoName_2018-12-2_11-38-12_No-00



カチンコのアイコン素材4



M FUNNoName_2018-12-2_11-56-11_No-00



カチンコのアイコン素材4



M FUNNoName_2018-12-2_12-2-56_No-00





137 (1)

ステージでは華やかに輝いているものの、常に心の中に空虚感を抱いている場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ。あるコンサート後に、ファンの雅子からの付きまといに遭ったヒロシは、雅子の暴挙により監禁されてしまう。そして、瀕死の重傷を負い意識不明となった恋人の回復を祈り続けるタケルは、「善いこと貯金」をすれば彼女の意識が戻るのではないかと信じ、日々善行に励んでいた。その一方で、刑期を終えたばかりのテツオは、自分を刑務所送りにしたヤクザに復讐するため、ヤクザの事務所へ単身殴り込みをかける。男たちのそれぞれの物語が、同じ街の同じ時間に交差し、彼らの人生の因果応報が巡っていく・・・

ヒロシの場合
場末のアイドル演歌歌手・横山田ヒロシ(青柳翔)は、熱烈なファンに支えられ舞台では華やかに輝きながらも、いつも心に空虚感を抱えている。ある日のコンサート終わり、ファンの一人・昌子(筒井真理子)に付きまとわれ、そのまま彼女の暴挙に巻き込まれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。

タケルの場合
大切な彼女が瀕死の重傷を負ってしまい、毎日彼女の意識回復だけを望むタケル(町田啓太)。彼は、“善いこと”貯金をすれば、彼女の意識が戻るのではないかと信じ、毎日必死に生きるが、なかなかうまくいかない。ある日、偶然立ち会ったやくざ者2人を車に乗せて、最後の“善いこと”に誓う。

テツオの場合
刑期を終え、刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木伸之)。自分を刑務所送りにしたやくざに復讐を仕掛けるために、やくざ事務所に単身殴り込みをかける。暴れまくった後に、一人実家に帰るテツオだが、彼を待っているのは、亡き祖父の残像を探し求め「迎えに行く」と言い張る祖母。 主人公は3人。彼らのストーリーが同時間&同じ街で交差し絡み合いながら、それぞれの人生のツケが巡り巡って行くのだった・・・

M FUNNoName_2018-12-2_12-13-9_No-00




M FUNNoName_2018-12-2_12-20-59_No-00