Information
世界的人気キャラクター「くまのプーさん」を、ディズニーがユアン・マクレガー主演で実写映画化した「プーと大人になった僕」のロケ地です。



M FUNNoName_2018-8-12_7-39-38_No-00



カチンコのアイコン素材4



M FUNNoName_2018-8-12_7-36-30_No-00


M FUNNoName_2018-8-12_7-35-47_No-00



カチンコのアイコン素材4




M FUNNoName_2018-8-12_8-16-27_No-00






カチンコのアイコン素材4









137 (1)

イギリスの田舎に住む少年クリストファー・ロビンは100エーカーの森でプーたちと楽しい日々を過ごしていたが、ロンドンの私立寄宿学校に転校することになった。別れ際、クリストファーはプーたちに「君たちのことは絶対に忘れない」と言った。しかし、親元を離れた学校での厳しい躾や教育、第1次世界大戦の勃発及び出兵などを経て、いつの間にかクリストファーは少年の心と想像力を失ってしまい、そのまま仕事重視の大人になっていった。 それから十数年が経過し、クリストファーは中年にさしかかろうとしていた。クリストファーは建築家のイヴリンと結婚しており、娘のマデリーンを自分の母校に入学させようとしていた。クリストファーは旅行カバンを製造する会社で営業の仕事を行っていたが、会社は業績不振に喘いでおり、ついには従業員の2割を削減せざるを得ない状態に陥った。そして、クリストファーはリストラの担当者に任命された。週末に家族旅行の予定があったが、この仕事のためにキャンセルすることになった。 その頃、100エーカーの森ではプーが好物の蜂蜜探しに没頭していた。しかし、いくら探しても、蜂の巣を見つけることができなかった。プーは「親友のクリストファーならその原因が分かるに違いない」と考え、魔法の扉をくぐってロンドンへ向かった。ところが、ロンドンは森暮らしのプーにとっては極めて過酷な場所であり、移動するだけで疲労困憊になってしまった。そこで、プーは公園のベンチで休むことにした。 時を同じくして、クリストファーはリストラを回避する策を考えていたが、妙案は何一つとして出てこなかった。そんなクリストファーが公園のベンチに腰を下ろしたところ、どこかから自分の名前を呼ぶ声が聞こえてきた。ふと後ろを振り返ると、そこにはプーの姿があった。魔法の扉が消えてしまったため、プーはロンドンから帰れなくなり、渋々クリストファーが森まで送り届けることになった。

プーの大親友にして仲間たちのリーダー的存在の少年だったが、本作が描くのはそれから30年後です。大人になったクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)は子供の心を忘れ、仕事優先で娘とは遊ばず、家庭は壊れかけていて・・プーとクリストファー・ロビンのめちゃくちゃかわいいやり取りに思わず頬が緩んでしまいます!!クリストファー・ロビン - ユアン・マクレガーの日本語吹き替えは堺雅人さんが担当しています。


「プーと大人になった僕」は、9月14日から全国公開です。