いがらしみきお共作の同名コミックスを映画化したミステリー・ドラマ「羊の木(2017)」ロケ地です。


SnapCrab_NoName_2018-2-1_11-16-8_No-00




錦戸亮(月末一)が働く市役所







SnapCrab_NoName_2018-2-1_11-3-19_No-00



宮腰を出迎えた月末が、助手席に宮腰を乗せ魚深へ案内するシーン




SnapCrab_NoName_2018-2-1_10-52-53_No-00


SnapCrab_NoName_2018-2-1_11-3-48_No-00




錦戸亮が車から降りてきたのを市川実日子が迎えるシーン




SnapCrab_NoName_2018-2-1_10-53-12_No-00




理江子(優香)が働く介護施設として登場。施設に通う月末の父・亮介(北見敏之)と恋仲になる




SnapCrab_NoName_2018-2-1_11-39-56_No-00


SnapCrab_NoName_2018-2-1_12-50-7_No-00


大野(田中泯)が働くクリーニング店





SnapCrab_NoName_2018-2-1_11-48-40_No-00



パトカーが通過するシーン




SnapCrab_NoName_2018-2-1_11-55-22_No-00



宮腰が子どもたちと「のろろ遊び」をするシーン




SnapCrab_NoName_2018-2-1_11-58-26_No-00


SnapCrab_NoName_2018-2-1_11-58-11_No-00



文(木村文乃)が働くスナック






月末が同級生の文・須藤と組んでいるバンドの練習場




SnapCrab_NoName_2018-2-1_12-42-37_No-00


SnapCrab_NoName_2018-2-1_12-48-56_No-00












寂れた港町・魚深にそれぞれ移住して来た6人の男女。彼らの受け入れを担当することになった市役所職員・月末は、これが過疎問題を解決するために町が身元引受人となって元受刑者を受け入れる、国家の極秘プロジェクトだと知る。月末や町の住人、そして6人にもそれぞれの経歴は明かされなかったが、やがて月末は、6人全員が元殺人犯だという事実を知ってしまう。そんな中、港で起きた死亡事故をきっかけに、町の住人たちと6人の運命が交錯しはじめる・・・



予告だけでもキャストがそれぞれシリアスな演技がとても迫力がありますね!!地方の過疎化対策と刑務所維持費の負担減という現実的な題材を扱っています。さあ!凄い余韻に浸りましょう・・・



劇場公開日 2018年2月3日