「キャロル」のトッド・ヘインズ監督が、「ヒューゴの不思議な発明」の原作者ブライアン・セルズニックの同名ベストセラー小説を実写映画化。2つの異なる時代を舞台に、それぞれ大切なものを探す2人の子どもの旅を独創的なタッチで描き出す・・「ワンダーストラック(2017)」ロケ地です。



SnapCrab_NoName_2018-1-21_21-40-54_No-00





SnapCrab_NoName_2018-1-21_21-37-39_No-00









1977年、ミネソタ。母親を交通事故で亡くした少年ベンは、母の遺品の中から、会ったことのない実父に関する手がかりを見つける。その50年前、1927年のニュージャージー。厳格な父に育てられる聴覚障害の孤独な少女ローズは、憧れの女優リリアン・メイヒューの記事を集めたスクラップブックを大切にしていた。ある日、ベンは父を捜しに、ローズは憧れの女優に会いに、それぞれニューヨークへ向かう。2人の物語は、やがて不思議な縁で結びつき・・・

少女ローズ役にはミリセント・シモンズちゃん!自身も聴覚障害を持ち、今回映画初出演となります。エミリー・ブラント&ジョン・クラシンスキー夫妻が、共演する新作「A Quiet Place(原題)」にもミリセント・シモンズちゃんの出演が決まっています。

SnapCrab_NoName_2018-1-21_22-38-20_No-00


予告編では、孤独なベンとローズが愛する家族を探し求めて、ニューヨークへと向かう姿がファンタジックに描かれますね。へインズ監督が長編デビュー作『ポイズン』以来、25年ぶりに来日することも決まっていますので楽しみです。「ヒューゴの不思議な発明」を見終わったときの感動をきっと映画「ワンダーストラック」でも味わえることができると期待しています。


『ワンダーストラック』は4月6日より全国公開。