2018/04/14ロケ地追加しました。

マーク・ウェブ監督最新作『The Only Living Boy in New York(原題)』が、2018年4月14日公開!! ロケ地紹介します。



SnapCrab_NoName_2018-1-13_20-42-52_No-00

カチンコのアイコン素材4


尾行して愛人ジョハンナ(ケイト・ベッキンセール)の出てくるの見た場所




SnapCrab_NoName_2018-1-13_19-40-52_No-00


SnapCrab_NoName_2018-1-13_19-40-34_No-00




1520333915LxGRCsjNOUKsox815203339152018/04/14ロケ地追加しました。

カチンコのアイコン素材4

偶然に父(ピアース・ブロスナン)とその愛人(ケイト・ベッキンセール)の密会を目撃したクラブ






M Fun_2018-4-14_20-36-37_No-00


M Fun_2018-4-14_20-19-17_No-00

実際の店内(二人が座っていたのは右奥のボックスシートです)

M Fun_2018-4-14_20-21-58_No-00




カチンコのアイコン素材4


トーマス・ウェブ(カラム・ターナー)が一人暮らしを始めたアパート





M Fun_2018-4-8_10-0-23_No-00


M Fun_2018-4-8_10-5-43_No-00


M Fun_2018-4-8_10-6-0_No-00


M Fun_2018-4-8_10-7-46_No-00



 カチンコのアイコン素材4

実家





SnapCrab_NoName_2018-1-13_20-51-16_No-00




 ムービーの再生ボタン






大学を卒業して親元を離れたトーマスは、アパートの隣室に越してきた、W・F・ジェラルド(ジェフ・ブリッジス)と名乗る不思議な中年男性と親しくなり、人生のアドバイスを受けるようになる。そんなある日、父のイーサンが愛人と密会している場面を目撃してしまったトーマスは、W・Fの言葉に後押しされ、父の愛人ジョハンナ(ケイト・ベッキンセール)に近づく。謎めいた隣人W・Fと父の愛人ジョハンナとの出会いを通して、それまで退屈で平凡だったトーマスの人生に変化が訪れる・・・









映画のタイトル(原題「The Only Living Boy in New York 」)はサイモン&ガーファンクルの歌から取られています。


Simon & Garfunkel - The Only Living Boy In New York






トーマス・ウェッブ役のカラム・ターナーは最初はマイルズ・テラーで決まっていたそうです。何で代わったのだろう???この映画はデジタルとは対照的に35mmで撮影されています。 NYを舞台に主人公の男性の恋愛と成長をどのように描いているのかな??2018年4月14日公開






SnapCrab_NoName_2018-1-13_20-43-40_No-00






アンダーワールド ブラッド・ウォーズ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント