映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(2017)が、2020/04/04よる9時からTBS系にて本編ノーカットで放送されます。


YouTube動画をきっかけに話題となり、「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」のタイトルで書籍化もされた実話を、佐藤健&土屋太鳳の主演で映画化した「8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017)」ロケ地です。





目的地アイコン1


尚志が麻衣にプロポーズする場所





M FUNNoName_2020-4-4_9-45-9_No-00


目的地アイコン1


尚志が麻衣にプロポーズする場所②




M FUNNoName_2020-4-4_9-57-32_No-00



目的地アイコン1


見送っていた場所





M FUNNoName_2020-4-4_10-16-8_No-00


M FUNNoName_2020-4-4_10-16-57_No-00




目的地アイコン1


麻衣(土屋太鳳)が車椅子で倒れた場所




M FUNNoName_2020-4-4_12-26-5_No-00


M FUNNoName_2020-4-4_12-26-23_No-00



目的地アイコン1


川を見ていた場所




M FUNNoName_2020-4-4_10-33-45_No-00


目的地アイコン1


公園









目的地アイコン1


結婚式場のシーン






SnapCrab_NoName_2017-12-3_11-15-48_No-00





数字付きのフィルムアイコン
「8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017)」ロケ地動画b_simple_72_0S







137 (1)




結婚を約束し幸せの絶頂にいた20代のカップル・尚志と麻衣。しかし結婚式の3カ月前、麻衣が原因不明の病に倒れ昏睡状態に陥ってしまう。尚志はそれから毎朝、出勤前に病院に通って麻衣の回復を祈り続ける。数年後、麻衣は少しずつ意識を取り戻すが、記憶障害により尚志に関する記憶を失っていた。


SnapCrab_NoName_2017-12-3_10-51-24_No-00



2人の思い出の場所に連れて行っても麻衣は尚志を思い出せず、尚志は自分の存在が麻衣の負担になっているのではと考え別れを決意するが・・・



麻衣(土屋)は発症率が300万人に1人という「抗NMDA受容体脳炎」と診断されてしまうのですが、エクソシスト病ともいえる「抗NMDA受容体脳炎」(脳の興奮性神経伝達物質であるグルタミン酸の受容体、NMDA型グルタミン酸受容体に自己抗体ができることによる急性型の脳炎)日本では若い女性を中心に年間1000人程度が発症していると推定されています。

8年という長い月日・・・自分だったら・・何年待てるのだろう?




back numberの主題歌ロングバージョン!『8年越しの花嫁 奇跡の実話』特別映像