ジョニー・デップ主演の第5弾。悪役にハビエル・バルデムを迎え、ジャック・スパロウの復讐に燃える"海の死神"サラザールに宿敵バルボッサも加わった三つ巴のバトルの行方を描く「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊(2017)」ロケ地


SnapCrab_NoName_2017-7-2_14-5-56_No-00


SnapCrab_NoName_2017-7-2_13-43-38_No-00


SnapCrab_NoName_2017-7-2_13-43-7_No-00


SnapCrab_NoName_2017-7-2_13-42-50_No-00





SnapCrab_NoName_2017-7-2_14-3-4_No-00








かつてジャック・スパロウにハメられ、海の地獄"魔の三角海域"に幽閉されていた"海の死神"サラザールが解き放たれ、残忍な手下を率いて海賊の絶滅とジャックへの復讐へと動き出す。そんなサラザールの脅威からジャックが逃れる唯一の道は、どんな呪いも解くことができる"ポセイドンの槍"を手に入れること。一方、かつてジャックと冒険を共にしたウィル・ターナーの息子ヘンリーもまた、呪いをかけられた父を助けるために"ポセイドンの槍"を探していた。すると彼の前に、"槍"の謎を解く鍵を握る天文学者カリーナが現われる。ジャックはそんな2人と合流し、3人で"ポセイドンの槍"を求めて危険な航海へと繰り出すのだったが・・




 キャストは本シリーズレギュラー陣のジョニー・デップ、ジェフリー・ラッシュはもちろん、オーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイが「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」ぶりとなる出演しています。邦題が「最後の海賊」となってますが、原題は「Dead men tell no tales (死人に口無し)」で、前作公開時に、ディズニー側も「まだ2本作る予定だ」と言及したと言われてます。


映画が終わってもすぐに席を立ってはダメです。 エンドロールの後に続編・・パイレーツ・オブ・カリビアン6に続くおまけのシーンがあるのです。






編集

コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。