2009年度のアカデミー外国語映画賞受賞作「瞳の奥の秘密」をキウェテル・イジョフォー、ニコール・キッドマン、ジュリア・ロバーツの豪華共演でハリウッド・リメイクしたミステリー・ドラマのロケ地です。





SnapCrab_NoName_2017-2-5_10-33-11_No-00




事件が起きた場所


 




キウェテル・イジョフォーレス(カステン)とジュリア・ロバーツ(ジェシカ"ジェス"・コブ)が話していたバー











2002年。ロサンジェルスの検察局に設置されたテロ対策合同捜査班にニューヨークから派遣されてきたFBI捜査官レイ。ある日、事件の一報を受け現場へ駆けつけた彼は、若い女性の遺体を見て激しく動揺する。被害者は、親友でもある相棒の検察局捜査官ジェスの娘だったのだ。

SnapCrab_NoName_2017-2-5_10-34-32_No-00



怒りに燃えるレイは、着任したばかりのエリート検事補クレアとともに捜査に乗り出し、



SnapCrab_NoName_2017-2-5_10-36-5_No-00


やがて有力な容疑者を割り出す。しかし、その男マージンはテロ対策班の重要な情報屋だったことから、政治的な判断で釈放されてしまう。納得いかないレイは失意のうちにFBIを去っていく。それから13年。事件のことを片時も忘れたことのないレイは、いまだ犯人逮捕に執念を燃やし、ついにマージンの尻尾を掴むのだったが…




過去と現在をいったりきたりしてこのシーンが現在なのか?10年前なのか?混乱しました!!(私はキウェテル・イジョフォーの髪に白髪が混じってたら現在!!パソコンディスプレイが液晶じゃ無かったら10年前・・何て考えてました 

さて・・衝撃のラストとは?

私は固まりました・・・


 映画の撮影監督ダニエル・モダーはジュリア・ロバーツの旦那さんです。

SnapCrab_NoName_2017-2-5_10-53-50_No-00