SnapCrab_NoName_2016-2-19_21-27-43_No-00




マイアミ大学時代から『欲望という名の電車』や『ウエスト・サイド物語』の舞台に出演。卒業後にNYへ渡り、下積み生活に慣れた頃にはお昼のTVドラマに出演が決定。3年間のレギュラー出演で人気者となった。その後出演作を重ねて86年、「サムシング・ワイルド」の、逃げた妻に執着する前科者を演じて本格的に映画デビュー。ボストン映画批評家協会の助演賞を受賞した。89年には80年代最後の秀作「フィールド・オブ・ドリームス」でシューレス・ジョー・ジャクソンを好演。「グッドフェローズ」以降は「不法侵入」、「乱気流/タービュランス」とサイコパス的な役柄を熱演。01年の「ハンニバル」を経て「ブロウ」では性格俳優としての株を上げている。97年に女優と結婚。
allcinema


悪役としても活躍することの多いクセ者俳優のレイですが・・個人的には「ハンニバル (2001)」でのあのシーンが衝撃的でした・・・

心臓の弱い方は注意してスクロールして下さい!!













SnapCrab_NoName_2016-2-19_21-37-56_No-00











プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命