Information

エドワード・ノートンが「僕たちのアナ・バナナ」以来となる約19年ぶりの監督業に挑んだ作品で、1950年代のニューヨークを舞台に私立探偵が殺人事件の真相を追うアメリカンノワール。ノートンが監督のほか脚本、製作、主演も務めた。

「マザーレス・ブルックリン」ロケ地



M FUNNoName_2020-1-5_13-48-0_No-00



目的地アイコン1


プール




M FUNNoName_2020-1-5_13-44-50_No-00


M FUNNoName_2020-1-5_13-45-32_No-00




目的地アイコン1


キングルースタージャズクラブ




M FUNNoName_2020-1-5_14-8-22_No-00


M FUNNoName_2020-1-5_14-6-40_No-00

 2018年3月22日にナイトクラブに使用された建物で火災が発生したため、この映画のセットでニューヨークの消防士1人が死亡し、2人が負傷しました。




目的地アイコン1


地下鉄




ニューヨーク交通博物館で撮影されました。過去に使われていたホームに車両をそのまま展示しています。車両の年代に合わせた車内広告も再現されてます。

M FUNNoName_2020-1-5_14-41-54_No-00


M FUNNoName_2020-1-5_14-42-15_No-00















  









「マザーレス・ブルックリン」予告編b_simple_72_0S



。障害を抱えながらも驚異的な記憶力を持つ私立探偵のライオネル・エスログの人生の恩人であり、唯一の友人でもあるボスのフランク・ミナが殺害された。事件の真相を探るべく、エスログがハーレムのジャズクラブ、ブルックリンのスラム街と大都会の闇に迫っていく。わずかな手掛かり、天性の勘、そして行動力を頼りに事件を追うエスログがたどり着いたのは、腐敗した街でもっとも危険と称される黒幕の男だった。

 



ノートンの演技力はさすが!

ジャズを聴きながら楽しめる。完全に大人の贅沢な映画です。