Information

「タクシードライバー」「レイジング・ブル」など数々の名作を生み出してきた巨匠マーティン・スコセッシとロバート・デ・ニーロが、「カジノ」以来22年ぶり9度目のタッグを組み、第2次世界大戦後のアメリカ裏社会を生きた無法者たちの人生を、ひとりの殺し屋の目を通して描いた力作。

「アイリッシュマン」ロケ地





目的地アイコン1


ガソリンスタンド




M FUNNoName_2020-1-2_18-29-10_No-00




目的地アイコン1


ウィアーズアイスクリーム




M FUNNoName_2020-1-2_19-24-40_No-00


目的地アイコン1


ラムのレストラン




M FUNNoName_2020-1-2_19-32-32_No-00



目的地アイコン1


車が爆発した場所





M FUNNoName_2020-1-2_20-51-24_No-00



数字付きのフィルムアイコン
「アイリッシュマン」予告編b_simple_72_0S




トラック運転手のフランク・シーラン(ロバート・デ・ニーロ)は、マフィアのボスであるラッセル・バファリーノ(ジョー・ペシ)と知り合う。ラッセルに気に入られたフランクは殺しを請け負うようになり、全米トラック運転手組合委員長のジミー・ホッファ(アル・パチーノ)を紹介される。やがてフランクはジミーの右腕に上り詰めるが、ジミーの権力に陰りが見え始める。

 






映画の冒頭に登場する家は、「グッドフェローズ(1990)」に登場する家と同じです。

「アイリッシュマン」の撮影には106日かかりました。これは、マーティンスコセッシの監督キャリアの中で最も長い撮影スケジュールです。

また、スコセッシの最長の長編映画で、正確には3時間30分で、以前の3時間の映画「ウルフオブウォールストリート」を上回ってます。


やはり・・・ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノの共演をみると「ゴッドファーザー パートII(1974)」を思い出します。





recommend

b_simple_72_0S