Information

冤罪の死刑囚たちのために奮闘する弁護士ブライアン・スティーブンソンの実話を、「クリード チャンプを継ぐ男」「ブラックパンサー」のマイケル・B・ジョーダン主演で映画化したヒューマンドラマ

「黒い司法 0%からの奇跡」ロケ地








目的地アイコン1


クリーニング店




M FUNNoName_2019-12-30_1-19-35_No-00



目的地アイコン1









目的地アイコン1


教会




M FUNNoName_2019-12-30_1-47-34_No-00



数字付きのフィルムアイコン
「黒い司法 0%からの奇跡」予告編b_simple_72_0S



1986年、米アラバマ州で18歳の白人女性が殺害された。逮捕されたアフリカ系アメリカ人のウォルター・マクミリアンは、無罪を証明する証言や根拠がいくつもあったにもかかわらず、裁判で死刑を言い渡される。1988年、弁護士のブライアン・スティーヴンソンは、ウォルターの弁護人として無罪を証明すべく駆け回るうち、司法や政治の中に息づく不平等を突きつけられる。やがてブライアンの戦いは、ウォルターの未来のみならず、冤罪をもたらしうる人種差別を止めるための動きとなっていくのだった

 



劇場公開日 2020年2月28日(2019年12月25日に米国公開)

救いの手を差し伸べようとするブライアンに、「お前は何もわかってない。黒人は生まれながら有罪なんだ」と衝撃の言葉・・・

ウォルターはアメリカ司法の闇を暴き、世界を変えれるのか







recommend

b_simple_72_0S