Information

女優で劇作家、演出家の桑原裕子が主宰する「劇団KAKUTA」が2011年に初演した舞台を佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子の出演、「孤狼の血」の白石和彌監督のメガホンで映画化

「ひとよ」ロケ地です。










b_illust_24_3M



目的地アイコン1


稲村タクシー




 稲村タクシーは茨城県神栖市にある浜松タクシーで撮影されました。


M FUNNoName_2019-9-14_17-7-29_No-00


M FUNNoName_2019-9-14_17-9-8_No-00


M FUNNoName_2019-9-14_17-10-20_No-00
画像引用--(42) 佐藤健と松岡茉優がつかみ合いの喧嘩!キャストたちが激しく感情をぶつけあう! 映画『ひとよ』本予告 - YouTube




目的地アイコン1


ビジュアルポスター場所



M FUNNoName_2019-9-14_19-8-24_No-00




数字付きのフィルムアイコン
「ひとよ」予告編b_simple_72_0S



「あなたたちが生まれた夜、わたしがどんなに嬉しかったか。」 どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。 それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。 そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った— 時は流れ、現在。 次男・雄二(佐藤健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、 事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。 抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。 そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。 「これは母さんが、親父を殺してまで つくってくれた自由なんだよ。」 15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。 皆が願った将来とはちがってしまった今、 再会を果たした彼らがたどりつく先は—

 






子のため夫を殺めた母(田中裕子)
”信じ”つづけた長女(松岡茉優)
”苦しみ”つづけた長男(鈴木亮平)
そして、”許せなかった”次男(佐藤健)


あの”一夜(ひとよ)”から15年。 家族の再会がもたらす、魂を震わせる結末とは・・・


劇場公開日 2019年11月8日





recommend

b_simple_72_0S