Information
2017年度講談社漫画賞を受賞した南勝久原作の人気コミックを岡田准一主演で実写映画化した「ザ・ファブル」ロケ地です。



M FUNNoName_2019-6-15_18-55-32_No-00





b_illust_24_3M







目的地アイコン1


b_simple_72_0S




M FUNNoName_2019-6-15_18-49-37_No-00


M FUNNoName_2019-6-15_18-49-48_No-00






目的地アイコン1


ファブルとヨウコ(木村文乃さん)がチンピラにからまれるシーンが撮影された場所b_simple_72_0S




M FUNNoName_2019-6-15_18-52-31_No-00






目的地アイコン1


b_simple_72_0S




M FUNNoName_2019-6-15_18-25-12_No-00


M FUNNoName_2019-6-15_18-25-35_No-00






目的地アイコン1


河合ユウキ(藤森慎吾さん)がヨウコを口説こうとしたバーb_simple_72_0S




M FUNNoName_2019-6-15_19-6-14_No-00


M FUNNoName_2019-6-15_19-6-29_No-00


M FUNNoName_2019-6-15_19-9-42_No-00






数字付きのフィルムアイコン
「ザ・ファブル」予告編b_simple_72_0S




超人的な戦闘能力を持つ伝説の殺し屋ファブルは、育ての親であるボスから、1年間殺し屋を休業して普通の人間として生活するよう命じられる。もし誰かを殺したらボスによって処分されてしまうという厳しい条件の中、「佐藤アキラ」という偽名と、相棒ヨウコと兄妹という設定を与えられ、大阪で暮らしはじめたファブルは、生まれて初めての日常生活に悪戦苦闘。そんな中、偶然知り合った女性ミサキがある事件に巻き込まれたことから、ファブルは再び裏社会に乗り込んでいく・・・




ロケ地は漫画では、大阪に潜伏するのですが、撮影のほとんどは関東近郊で行われたようですね!

大阪に住んで一般人の振りをするため関西弁を喋る・・・もともと関西出身の岡田さんが、エセ関西弁を話すと言う奇妙な展開も楽しみ

殺し屋なのにコミカル!今まで見たことのない岡田准一









movie fun 楽天ROOM