Information
人気作家・重松清の同名短編を堤真一と柳楽優弥の主演で映画化した感動ドラマ「泣くな赤鬼」ロケ地です。



M FUNNoName_2019-6-15_9-35-57_No-00










目的地アイコン1


城南工業b_simple_72_0S




M FUNNoName_2019-6-15_9-29-56_No-00







目的地アイコン1


野球場b_simple_72_0S




M FUNNoName_2019-6-15_9-39-26_No-00


M FUNNoName_2019-6-15_9-39-38_No-00







目的地アイコン1


病院b_simple_72_0S




M FUNNoName_2019-6-15_9-43-31_No-00


M FUNNoName_2019-6-15_9-51-41_No-00





目的地アイコン1


映画ポスターの桜並木b_simple_72_0S




M FUNNoName_2019-6-15_10-14-42_No-00







目的地アイコン1


実家b_simple_72_0S




M FUNNoName_2019-6-15_10-21-59_No-00











数字付きのフィルムアイコン
「泣くな赤鬼」予告編b_simple_72_0S




城南工業野球部監督・小渕隆(堤 真一)。陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導で“赤鬼先生”と呼ばれていた。その厳しさで、甲子園出 場一歩手前までいきながらも、夢叶わぬまま、10 年の月日が流れた。今では、野球への情熱は随分と衰え、身体のあちこちにガタもきている 50 代の疲れた 中年になっていた。 ある日、診察を受けた病院でかつての教え子、斎藤智之<愛称:ゴルゴ>(柳楽優弥)と偶然再会する。ゴルゴは非凡な野球センス がありながら、堪え性のない性格ゆえに努力もせず、途中で挫折し、高校を中退した生徒である。今では、20 代半ばを越え、妻・雪乃(川栄李奈)と息 子・集と幸せな家庭を築く立派な大人に成長していた。そのゴルゴが末期がんで余命半年であることを知らされる。あの時なぜもっと言葉をかけてやらなかった のか、厳しさでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。「俺は、わかったつもりで全然わかってなかった―。」




命の期限が刻々と迫るゴルゴの願い、それは 「俺、また野球やりたいな。」 赤鬼先生は、ゴルゴのために最後に何ができるのか・・・

城南工業時代はポジションを争ったゴルゴと和田 対照的な2人の友情のゆくえもお見逃しなく


劇場公開日 2019年6月14日



M FUNNoName_2019-6-15_10-5-10_No-00








recommend

b_simple_72_0S







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

せんせい。 (新潮文庫) [ 重松清 ]
価格:561円(税込、送料無料) (2019/6/15時点)





movie fun 楽天ROOM