Information

 2019/06/08ロケ地追加しました。

中野量太監督が、認知症を患う父親とその家族の姿を描いた中島京子の小説「長いお別れ」を映画化した「長いお別れ」ロケ地です。



M FUNNoName_2019-5-25_14-32-19_No-00





 2019/06/08ロケ地追加しました。






目的地アイコン1


 座り込んでアイスを食べていた土手b_simple_72_0S




M FUNNoName_2019-6-8_11-9-44_No-00


M FUNNoName_2019-6-8_11-10-3_No-00




目的地アイコン1


ポスターのメリーゴーランドb_simple_72_0S





M FUNNoName_2019-5-25_14-32-19_No-00


M FUNNoName_2019-5-25_14-32-55_No-00




目的地アイコン1


b_simple_72_0S




M FUNNoName_2019-5-25_14-33-56_No-00




目的地アイコン1


b_simple_72_0S




M FUNNoName_2019-5-25_13-37-16_No-00


M FUNNoName_2019-5-25_13-37-30_No-00







数字付きのフィルムアイコン
「長いお別れ」予告編b_simple_72_0S




 

かつて中学校の校長をしていた厳格な東昇平が認知症と診断される。父の70歳の誕生日に、久々に顔を揃えた娘たちは、母・曜子からその事実を告げられ、動揺を隠せない。近所に住む次女の芙美は、カフェを開く夢を抱いて奮闘しながらも、上手くいかない恋愛に思い悩む日々。一方、夫の転勤でアメリカ暮らしの長女・麻里は、いつまでたっても現地の生活に馴染めず、思春期の息子のことも気がかり。そんな中、徐々に記憶を失っていく昇平が引き起こす、いくつもの予測不能のアクシデントに振り回されていく妻と娘たちだったが・・・




アメリカでは、認知症を患い、徐々に、ゆっくりと記憶を失っていく過程を「ロング・グッドバイ(長いお別れ)」と呼んでいるそうです。

本作に登場する東家は、東京都の小田急線の登戸駅と狛江駅の間くらい、多摩川の近くに建っている一軒家という設定で、実際は千葉県野田市のロケセットで撮影されたそうです。



M FUNNoName_2019-5-25_14-59-37_No-00






movie fun 楽天ROOM

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

長いお別れ [ 中島 京子 ]
価格:1674円(税込、送料無料) (2019/5/26時点)