Information
佐伯泰英の人気時代劇小説「居眠り磐音 決定版」シリーズを松坂桃李の時代劇初主演で映画化「居眠り磐音」ロケ地です。



M FUNNoName_2019-5-19_11-23-22_No-00



カチンコのアイコン素材4






M FUNNoName_2019-5-19_11-20-59_No-00



カチンコのアイコン素材4


磐音の実家



カチンコのアイコン素材4






この投稿をInstagramで見る

*** 情報解禁されました! 映画『居眠り磐音』に おこん役で出演させて頂きました。 本木克英監督とは 映画『すべては君に逢えたから』で ご一緒させて頂いていてから 念願の2作品目になります。 本木監督の演者への向き合い方は とても安心するんです。 そして、うつわ仲間です☺️ . 桜舞い散る京都での撮影 スタッフの皆さんとのお仕事 キャストの皆さんと過ごした時間 全部一生の宝物です! また、いつかの為に日々精進。 おこんさんに 選んでいただいて この作品に参加できて 嬉しかったなぁ。 豪華出演陣の 素敵なコメントが読める 公式HPはこちら↓ http://iwane-movie.jp/sp/ 公開は来年5月と まだ先になりますが 是非お楽しみに。 #居眠り磐音 #佐伯泰英 さん原作 #本木克英 監督 #松坂桃李 さん主演 #来年5月17日公開

木村文乃さん(@fuminokimura_official)がシェアした投稿 -




137 (1)




story

坂崎磐音(松坂桃李)は、故郷・豊後関前藩で起きた、ある哀しい事件により、2人の幼馴染を失い、祝言を間近に控えた許嫁の奈緒(芳根京子)を残して脱藩。すべてを失い、浪人の身となった・・・。 江戸で長屋暮らしを始めた磐音は、長屋の大家・金兵衛(中村梅雀)の紹介もあり、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋・今津屋の用心棒として働き始める。春風のように穏やかで、誰に対しても礼節を重んじる優しい人柄に加え、剣も立つ磐音は次第に周囲から信頼され、金兵衛の娘・おこん(木村文乃)からも好意を持たれるように。そんな折、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、磐音は江戸で出会った大切な人たちを守るため、哀しみを胸に悪に立ち向かう・・・






同作には当初、麻薬取締法違反の容疑で逮捕、起訴されたピエール瀧が出演。奥田瑛二を代役にして4月に撮り直しを行いました・・・
予告編にはピエール瀧さんちらっと映ってますね!!4月4日の完成披露イベントでの本編上映が中止となりました・・・


主題歌はMISIAが手掛けた「LOVED」


劇場公開日 2019年5月17日