Information
ヨルゴス・ランティモス監督の『女王陛下のお気に入り』に主演し、ヴェネツィア国際映画祭 女優賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞 主演女優賞、アカデミー主演女優賞を受賞した

「オリビア・コールマン」お宅です。



M FUNNoName_2019-3-10_9-11-18_No-00



家アイコン (2)

オリビアコールマンが彼女の夫と仲間俳優エドシンクレアと住んでいるお宅です。




英ノーフォーク出身。コメディ番組「ピープ・ショー ボクたち妄想族」(03~05)で人気を集め、映画「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」(07)や、「思秋期」(10)、「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(11)などに出演。その後も、ギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督の「ロブスター」(15)に出演したほか、サスペンスドラマ「ブロードチャーチ」(13~17)ではデビッド・テナントとともに主演を務め、スパイドラマ「ナイト・マネジャー」(16)でゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞。ランティモス監督と再びタッグを組んだ「女王陛下のお気に入り」(18)では18世紀イングランドのアン王女役を熱演し、第91回アカデミー主演女優賞を受賞した。Netflixオリジナルドラマ「ザ・クラウン」ではシーズン3(19)から英エリザベス2世を演じる。その他の映画出演作に、「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」(13/声の出演)、「オリエント急行殺人事件」(17)など。





137 (1)




M FUNNoName_2019-3-10_9-11-30_No-00


M FUNNoName_2019-3-10_9-11-46_No-00



ヨルゴス・ランティモス監督によるこの映画は、第91回米アカデミー賞の10部門にノミネートされたが、受賞は主演女優賞のみでした・・コールマンがオスカーにノミネートされるのは今回が初。

アカデミー賞の主演女優賞を獲得したイギリスの女優は、コールマンで11人目。前回は2009年で、ケイト・ウィンスレットが「朗読者」のハナ・シュミッツ役で受賞しています。






アカデミー賞2019年でもっとも笑いを誘うスピーチを披露 ムービーの再生ボタン




(スピーチを切り上げるよう指示され、舌をべーっと突き出して鳴らして反抗)