Information
“未来”が彼女を消すまで、365日。一途な想いに涙する切ない奇跡の恋。

『九月の恋と出会うまで』ロケ地です。



M FUNNoName_2018-11-23_12-0-2_No-00



カチンコのアイコン素材4




M FUNNoName_2018-11-23_11-0-51_No-00


M FUNNoName_2018-11-23_11-2-0_No-00


M FUNNoName_2018-11-23_12-0-29_No-00




カチンコのアイコン素材4



M FUNNoName_2018-11-23_11-44-35_No-00






137 (1)

ちょっと不思議なマンションに引っ越してきた志織(川口春奈)は、小説家志望の隣人平野(高橋一生)と運命的に出会う。そして、新しい部屋で突然聞こえてきた不思議な声――。「こちらは一年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」それは強盗殺人にあうところだった志織を助けようと時空を越えて届いた、未来からの誰かの声だった。相談を受けた平野は、助かった志織に<タイムパラドクス>が生じることに気付く。それは一年後、志織の存在が消えることを意味していた。必死に自分を助けようとする平野に惹かれていく志織だったが、平野との別れは近づいていた・・・




16年の「書店員が選んだもう一度読みたい文庫」恋愛部門第1位に選ばれた、松尾由美氏の同名小説が原作です・・・

「運命の人が僕じゃなくても、僕はあなたを守りたい。」というコピーが・・・はかない恋を予感・・・


「九月の恋と出会うまで」は、19年3月1日から全国で公開。