Information
ドリアン助川の同名小説を河瀬直美監督が映画化した

「あん」ロケ地です。



目的地アイコン1


町の小さなどら焼き屋“どら春”


店舗はセットでしょうか・・・
ちなみに、2014年のストリートビューを見てみると・・店舗残ってました





M FUNNoName_2018-9-17_9-31-2_No-00


M FUNNoName_2018-9-17_9-29-5_No-00


M FUNNoName_2018-9-17_9-28-23_No-00







目的地アイコン1






M FUNNoName_2018-9-17_9-29-32_No-00






目的地アイコン1


図書館で子供に読み聞かせしているシーン









137 (1)






あることがキッカケで刑務所暮しを経験し、どら焼き屋の雇われ店長として日々を過ごしていた千太郎。ある日、店で働くことを懇願する老女、徳江が現れ、彼女が作る粒あんの美味しさが評判を呼んで店は繁盛していく。しかし、徳江がかつてハンセン病を患っていたという噂が流れたことで客足が遠のいてしまい、千太郎は徳江を辞めさせなければならなくなる。おとなしく店を去った徳江だったが、彼女のことが気にかかる千太郎は、徳江と心を通わせていた近所の女子中学生ワカナとともに、徳江の足跡をたどる・・・






どら焼き屋で働く主人公と、不思議な 魅力を持つ「あん」作りの名人との魂の交流 を描いた物語です。 著者はたびたび多磨全生園を訪れてハン セン病の元患者さんたちと交流し、物語の 構想を練ったそうです。幾度もの書き直し を経て3年がかりで仕上げられた本作は、 河瀨監督の映画「あん」の原作となりまし た。

「あん」の河瀬直美監督(49)からのコメント

「あなたと過ごした様々な光景を思い返しています。今年に入って希林さんの事を想う時間が増えて、何度か電話をして直接お話をしました。具合が良くないことがニュースで知らされても、どこまでも元気で毒舌で、変わらない希林さんがそこにいました。」  希林さんはそうして私たちの前から弱ってゆく自分の肉体を想像できなくさせ、いつまでもあの元気な笑顔のままで私たちの中に永遠を創り上げたかったのだと、悟りました。あなたは、最期まで女優でした。」

ちなみに、ワカナ役は樹木の孫娘である内田伽羅さんです。(父は本木雅弘、母は内田也哉子)



M FUNNoName_2018-9-17_9-35-46_No-00