焼肉ドラゴン(2018)初演は2008年。初日の幕が開けた後、瞬く間にその口コミが広がり、チケットは争奪戦に。
ソウルでは、感極まった観客の一人が過呼吸になり、救急車で運ばれるという事態も! 読売演劇賞の大賞・最優秀作品賞、朝日舞台芸術賞グランプリなど数多くの賞を受賞し、演劇賞を総なめ!



M Fun_2018-5-27_9-24-22_No-00



カチンコのアイコン素材4




M Fun_2018-5-27_9-23-59_No-00


M Fun_2018-5-27_9-37-40_No-00





137 (1)








万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。 関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花、梨花、美花の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。 失くした故郷、戦争で奪われた左腕。つらい過去は決して消えないけれど、“たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる”それが龍吉のいつもの口癖だった。 そして店の中は、静花の幼馴染・哲男など騒がしい常連客たちでいつも賑わい、ささいなことで、泣いたり笑ったり―。 そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった―。






「焼肉ドラゴン」のワールドプレミア上映が5月3日(現地時間)、韓国・第19回全州国際映画祭で行われました。本作は、同映画祭のオープニング作品に選出。上映には約3000人の観客が詰め掛け、エンドロールではスタンディングオベーションが巻き起こったそうです!!
鄭監督は、「忘れてはいけない日本・韓国の歴史を残したいという思いで作り始めました。映画は“記録”としての意味も強められたと思う」とインタビューに答えています。

「焼肉ドラゴン」は、6月22日から全国公開です。

M Fun_2018-5-27_9-25-54_No-00


M Fun_2018-5-27_9-24-57_No-00


「渋谷肉横丁」×『焼肉ドラゴン』~タイアップ店舗『焼肉ドラゴン』のオープンしています。

期間中、タイアップ店舗『焼肉ドラゴン』では、映画の役柄をイメージしたオリジナルメニュー5品をご用意しているそうです。





期間限定店舗 『焼肉ドラゴン』いよいよオープン!
<実施場所> 渋谷肉横丁3F 「極肉亭まつざか&肉CHIKA」  
東京都渋谷区宇田川町13-8 ちとせ会館
<実施期間> 5/23(水)~7/22(日)



M Fun_2018-5-27_10-0-39_No-00