ステラン・スカルスガルド、「東ベルリンから来た女」のニーナ・ホスら実力派俳優たちが共演した『男と女、モントーク岬で(2017)』ロケ地です。



M Fun_2018-5-26_21-16-30_No-00
カチンコのアイコン素材4

モントーク岬



M Fun_2018-5-26_21-14-16_No-00



あの手を離さなければ、どんな人生だった?

もう一度、やり直せるとしたら?
137 (1)






実らなかった恋の思い出を新作の小説としてつづり、その小説のプロモーションのためニューヨークを訪れた作家のマックスは、そこでかつての恋人レベッカと再会する。しかし、レベッカは別れた後に何があったのかを一切語ろうとはしない。やがてマックスがニューヨークを去る日が近づくが、出立の3日前、レベッカからモントーク岬への旅に誘われる。そこは恋人だった2人が訪れた思い出の場所だったが・・・






スウェーデン出身。10代の頃からTVシリーズで主演を務める。72年~88年はストックホルムのロイヤル・ドラマティック・シアターで活躍。72年に映画デビューし、82年の「The Simple-Minded Murderer(英題)」でベルリン国際映画祭の男優賞を受賞する。「The Ox(原題)」(91)はアカデミー外国語映画賞にノミネートされ、「奇跡の海」(96/ラース・フォン・トリアー監督)はカンヌ国際映画祭でグランプリに選ばれる。スウェーデンやデンマークなど北欧映画での活躍のみならず、「存在の耐えられない軽さ」(88)ハリウッド映画にも多数出演。大ヒット映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの第2弾「デッドマンズ・チェスト」(06)と第3弾「ワールド・エンド」(07)で、オーランド・ブルーム扮するウィルの父親ビル役を演じたほか、「マイティ・ソー」(11)、「アベンジャーズ」(12)、「ドラゴン・タトゥーの女」(12)など大作への参加が続く。長男のアレクサンダー・スカルスガルドも俳優として活躍する。



M Fun_2018-5-26_21-45-54_No-00

ニーナ・ホス(Nina Hoss, 1975年7月7日 - )は、ドイツ出身の女優である。 [人物] [出演作品] 東ベルリンから来た女(バルバラ) ブラッディ・パーティ(ルイーズ) ベルリン陥落1945 素粒子(ジェーン) スキャンダラス・クライム

M Fun_2018-5-26_21-45-14_No-00




「男と女、モントーク岬で」より、メインキャスト2人のインタビュー映像がYouTubeにて公開されています。











78歳になるシュレンドルフ監督は、「これまでの作品では、他人の人生を描いてきた。でも、自分のことを題材にしたのは初めてだ。私の経験がベースになっている」と告白しています。

劇場公開日 2018年5月26日



パーフェクトゲーム 究極の選択 [DVD]
クライヴ・ブラッドリー
アルバトロス
あの日のように抱きしめて [DVD]
クリスティアン・ペッツォルト, ユベール・モンティエ, ピオットル・シュトエレキ
アルバトロス
東ベルリンから来た女 [DVD]
クリスティアン・ペツォルト
アルバトロス