Information
スティーヴン・スピルバーグ監督がメリル・ストリープとトム・ハンクスを主演に迎え、時の政権に屈することなく言論の自由を守るために戦ったジャーナリストたちの矜持と覚悟を描いた社会派実録ドラマ「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017)」ロケ地です。


M Fun_2018-3-24_23-53-41_No-00




ワシントン・ポストのオフィス(3フロアを改築したそうです)


LOCATION map




M Fun_2018-3-24_23-45-56_No-00


M Fun_2018-3-24_23-46-21_No-00








ベン・バグディキアン(ボブ・オデンカーク)が公衆電話から電話していた場所


LOCATION map


電話ボックスはセットですね

M Fun_2018-3-25_0-2-14_No-00





ニューヨークタイムズのオフィスビル(外観のみ)


LOCATION map


M Fun_2018-3-25_0-35-2_No-00




Trailer





story
ベトナム戦争が泥沼化していた1971年。ニューヨーク・タイムズはベトナム戦争に関する政府に不都合な事実が記載された最高機密文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”についてのスクープ記事を発表する。アメリカ中が騒然となる中、ニクソン政権は裁判所に記事の差し止め命令を要求する。タイムズが出版差し止めに陥る一方、出遅れたライバル紙のワシントン・ポストでは、編集主幹のベン・ブラッドリーが文書の入手に奔走する。やがて全文のコピーを手に入れたポストだったが、それを公表すれば裁判となって会社の将来を危うくしかねず、経営と報道のはざまで社内の意見は大きく二分する。そしてそんな重大な決断が、亡き夫の後を継ぐ形でいきなりアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人となったキャサリン・グラハムに託されたのだったが・・



impression
他作品の製作スケジュールを調整してまでした監督が早期着手にこだわったという意欲作です。トランプ政権発足からわずか45日後にスピルバーグ監督が本作の製作を発表しました。この物語には、現代との共通点が、とても多いと考えた。だから、すぐに作って公開したかったそうですが、スピルバーグの作品で「最も短期間で完成」した作品となりました。
「レディ・プレイヤー1 (2018)」より後にクランクインされたのに「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017)」の方が先に公開されてます。

監督に意欲作3月30日から全国公開です。