2018/02/12ロケ地追加しました

日本橋署に異動してきた新参者の刑事・加賀恭一郎の活躍を描く東野圭吾原作、阿部寛主演の“新参者”シリーズの劇場版第2弾にして“新参者”シリーズとしては完結編「祈りの幕が下りる時(2017)」ロケ地です。







SnapCrab_NoName_2018-1-27_14-42-57_No-00
 2018/02/12ロケ地追加しました  


父(小日向文世)が泊まったホテル



SnapCrab_NoName_2018-2-12_21-29-36_No-00



加賀恭一郎が歩いていた横断歩道



SnapCrab_NoName_2018-2-12_21-43-18_No-00


SnapCrab_NoName_2018-2-12_21-25-50_No-00



浅居博美(松嶋菜々子)が「加賀さん」と声をかける場所



BlogPaint






SnapCrab_NoName_2018-1-27_14-11-11_No-00






SnapCrab_NoName_2018-1-27_14-26-3_No-00







SnapCrab_NoName_2018-1-27_14-39-45_No-00



 女性の絞殺死体が発見された場所





SnapCrab_NoName_2018-1-27_15-3-11_No-00


SnapCrab_NoName_2018-1-27_15-3-39_No-00








ある日、東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は滋賀県在住の押谷道子で、現場アパートの住人・越川睦夫は行方不明となっていた。松宮脩平ら警視庁捜査一課の刑事たちが捜査を進めるが、道子と越川の接点がなかなか見つけられない。やがて捜査線上に舞台演出家の浅居博美が浮上してくるものの、事件の核心はいまだ掴めぬまま。そんな中、越川の部屋から日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれたカレンダーが発見される。それを知った加賀恭一郎は激しく動揺する。同じメモが、かつて加賀と父を捨てて蒸発した母・百合子の遺品の中にもあったのだった。自らがこの事件の最大のカギであることを悟り戸惑いを隠せない加賀だったが・・・



2010年4月に「新参者」として連続ドラマがスタートした同シリーズはその後、2本のスペシャルドラマ(「赤い指」「眠りの森」)として制作・放送され、12年には初の映画化「麒麟の翼 劇場版・新参者」が興行収入16億8000万円のヒットを記録。累計発行部数1200万部を突破する人気シリーズです。2010年の連続ドラマから足掛け8年・・・凄いですね!!浅居博美に扮した松嶋菜々子の役は14歳の頃の姿を桜田ひより、美しい舞台女優へと成長した20歳の姿を飯豊まりえが演じています。ミステリーだけど分かりやすい演出なので、皆さんもいかがですか??


劇場公開日 2018年1月27日