ポンペイの災害を最新のVFXを駆使して再現した作品です。












見所は当時の街並みや火山の噴火シーンですね。噴火で埋まる前のポンペイの街並みの再現も素晴らしいです。ヴェスヴィオ火山の本当にあった噴火のシーンは、精巧に再現するために、専門家や学者に指示を受けながら最新のテクノロジーを駆使して作り上げたそうです。







西暦79年。ローマ帝国が誇る一大都市ポンペイ。かつてローマ人に一族を虐殺されたケルト人騎馬族の生き残り、マイロ。奴隷として売られた彼は、復讐を胸に秘め、無敵の剣闘士として成長する。そんなある日、街の有力者の娘カッシアと出会い、2人は身分の違いを超えて惹かれ合う。だがカッシアは、好きでもない相手コルヴスとの結婚を強いられる。やがて迎えた8月24日、ついにヴェスヴィオ火山が火を噴き、巨大な火山岩がポンペイの街に次々と降り注ぐ・・・



『バイオハザード』のポール・W・S・アンダーソン監督作です。キーファーサザーランド悪役・・・ジャックバウアーにしかみえない~~~


ラストシーンは心鷲掴みされました。