日本各地で本格的なロケが敢行されたことでも話題になった「ウルヴァリン:SAMURAI(2013)」ロケ地です・・



ユーコンのウルヴァリン


 


SnapCrab_NoName_2017-6-11_8-25-10_No-00




東京での葬儀

 



SnapCrab_NoName_2017-6-11_8-41-15_No-00




パチンコ店

 


SnapCrab_NoName_2017-6-11_9-11-32_No-00






ホテル

 




庭での戦い

 


SnapCrab_NoName_2017-6-11_9-28-31_No-00










カナダの山奥で隠遁生活を送るウルヴァリンことローガンのもとに、彼の旧友でもある日本の大物実業家・矢志田の使者が現われる。余命わずかの矢志田は、命の恩人であるローガンに最後に一目会いたいと願っていた。日本を訪れ、病床の矢志田と再会したローガンだったが、矢志田はまもなく"君の永遠の命を終わらせてあげる"との謎の言葉を残して息を引き取る。その後、葬儀に参列したローガンは、謎の武装集団に狙われた矢志田の孫娘マリコを救い出す。執拗な追っ手をかわし、一緒に逃避行を続ける2人はいつしか恋に落ちる。またやがて、戦いの中で、自らの不老不死の肉体を支えていた驚異的な治癒能力が失われていることに気づくローガンだったが…


  日本の描写 ハリウッドの映画(洋画全般)において、日本の風景や描写が雑であったり不可解なものであることが多かったが本作もまた21世紀の映画でありながら拙い描写が目立った。例えば、ウルヴァリンがヤクザと格闘するシーンでは新幹線に天窓があったり線路上に看板がある、側面が剥がれたり屋根の上で戦っている割には車内は至って平然としていた(本来なら緊急停止する事態である)。また、秋葉原から上野まで一瞬で移動する、関東から長崎へ移動するのに路線バスが出てくる、日本刀になぜか不老不死と掘られているなど問題が多かった。 ウィキペディア


間違った日本文化を楽しむという見方ですがウルヴァリンSAMURAIでも随所に出てきますね!!「真田VSジャックマン」は必見!!