「ブルーバレンタイン」のデレク・シアンフランス監督が、孤島に流れ着いた赤ん坊を我が子として育てる灯台守夫婦の愛と葛藤を描いたM・L・ステッドマンの小説「海を照らす光」を映画化したヒューマンドラマロケ地です!!

  2017/05/26公開


SnapCrab_NoName_2017-2-26_20-26-18_No-00


2018/01/03


トム・シェアボーン(マイケル・ファスベンダー)がヤヌス島の灯台守となるために来た町




SnapCrab_NoName_2018-1-3_12-26-37_No-00







SnapCrab_NoName_2017-2-26_19-51-56_No-00




灯台




SnapCrab_NoName_2017-2-26_19-46-11_No-00



二人の住む家も灯台の近くに作られました



SnapCrab_NoName_2017-5-21_9-32-29_No-00



SnapCrab_NoName_2017-5-21_9-37-14_No-00









第1次世界大戦後のオーストラリア。孤島ヤヌス・ロックに灯台守として赴任した帰還兵トムは、明るく美しい妻イザベルと幸せな日々を送りはじめる。やがてイザベルはトムの子を身ごもるが、立て続けに流産と死産に見舞われてしまう。


SnapCrab_NoName_2017-2-26_20-25-35_No-00


そんな矢先、男性の死体と生後間もない赤ん坊を乗せたボートが島に流れ着く。赤ん坊に心を奪われたイザベルは本土に報告しようとするトムを説得し、


SnapCrab_NoName_2017-2-26_19-56-4_No-00



赤ん坊にルーシーと名付けて我が子として育てはじめるが……



SnapCrab_NoName_2017-2-26_19-53-29_No-00












4年後、赤ん坊の本当の母親ハナ(レイチェル・ワイズ)が現れるのですが・・・



SnapCrab_NoName_2017-2-26_20-49-47_No-00




娘の本当の幸せは、夫婦の愛の行方は?苦悩の果てに二人が選んだ道とは


劇場公開日 2017年3月31日