第69回カンヌ国際映画祭で最高賞にあたるパルムドールを受賞したケン・ローチ監督作『I, Daniel Blake』の邦題が『わたしは、ダニエル・ブレイク』に決まり・・2017年3月18日より日本公開されます。



SnapCrab_NoName_2016-11-13_16-35-22_No-00


舞台は、イギリス北東部ニューカッスル。大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは心臓の病を患い、医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり、必要な援助を受けることができない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと彼女の2人の子どもを助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく・・・






ロケ地


ダニエル・ブレイク達が歩いていた場所










スプレーで文字を書いた場所





流石に壁を作ってますね!!


SnapCrab_NoName_2016-11-13_17-10-42_No-00



SnapCrab_NoName_2016-11-13_17-11-26_No-00


明るく前向きなダニエルの姿に何度も笑わされるが、突如として訪れる貧困のあまりの過酷さを切り取ったシーンにはカンヌも涙、涙……



SnapCrab_NoName_2016-11-13_16-37-14_No-00

今年6月、EU離脱を決めたことも記憶に新しいイギリスでは、10月21日より公開されており、ケン・ローチ作品史上最大のヒットを記録。常に労働者や社会的弱者に寄り添い、彼らを取り巻く厳しい現実と、それでも明日を懸命に生きようとする人々の明るさや温かさ、底力を描き続けてきた監督の集大成であり、最高傑作との声が相次いでいます・・・



デイヴ・ジョーンズ