ベストセラー小説『世界から猫が消えたなら』が佐藤健と宮崎あおいの初共演で実写映画化!!「生きる」というテーマを、夢と現実を織り交ぜて描いた新しい形のファンタジー作品です。そのロケ地です。

SnapCrab_NoName_2016-1-21_14-12-30_No-00
ロケ地追加しました。5/8



佐藤健と、昔の恋人の宮崎あおいが出会うのが函館のカフェ






雨の中のシーン








自転車から浮遊していくシーン














工芸品店が・・映画館に・・・




SnapCrab_NoName_2016-1-21_14-19-29_No-00


イグアスの滝





SnapCrab_NoName_2016-1-21_14-30-0_No-00


SnapCrab_NoName_2016-1-21_14-30-21_No-00


ある日突然「脳腫瘍」と告げられ、余命宣告を受けた30歳の郵便配達員は、突如現れた自分とそっくりな悪魔から寿命は明日と告げられます。悪魔は寿命を延ばすための取引を僕にもちかけます。 世界から何かをひとつ消す代わりに、1日の命を得ることができるという取引です・・・






佐藤が主人公と悪魔の2役を演じて、彼のかつての恋人に宮崎あおいが扮します。主人公の親友役に濱田岳、疎遠になった父役に奥田瑛二、亡き母役に原田美枝子です。「僕、もうすぐ死ぬんだ」とかつての恋人に告げるシーン、「この世界から猫を消しましょう」とつぶやく佐藤の声・・

興味津々・・・ファンタジー映画でほっこりしましょう!!

2016年5月14日ロードショーです。