「娘を守りたい・・・」

その時父は、最強(ヒーロー)になる。





ドウェイン・ジョンソン主演「カリフォルニア・ダウン(2015)」ロケ地です。


ドウェイン・ジョンソンの操縦するヘリが墜落したショッピングモール




娘ブレイク(アレクサンドラ・ダダリオ)がママの恋人と来たオフィスビル




最初に起きた地震によるダムの崩落




ドウェイン・ジョンソンと奥さんがパラシュートで降りた球場







ロサンジェルスの消防局で救難ヘリのパイロットとして活躍するレイ・ゲインズ。仕事に追われるあまり家族を顧みず、いまや妻エマとの関係はすっかり冷え切ってしまっていた。そんなある日、ネバダ州で大地震が発生、レイも救助活動へと向かう。ところが今度は、カリフォルニア州を縦断する巨大なサンアンドレアス断層が動き、巨大地震が一帯を襲う。ちょうどLA上空を飛行中だったレイは、高層ビルに取り残されたエマを電話で屋上へと誘導し、間一髪で助け出す。さらに、最愛の娘ブレイクを救出するため、サンフランシスコへと急行するレイだったが…



屈強なお父さんが家族を災害から救うお話ですが、CG技術の進歩は目を見張ります。マグニチュードも10近くになるとこんなになっちゃうんですね~~恐ろしい・・・でも、内容は悲惨さというよりファミリー映画という感じがしました!!